暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
<   2005年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
 
リセ事(2) タイプムーンについて②
はい、タイプムーンについて、デス。

今回は花のイベントに関してデスね。

・EV-0123
特訓
・・・は!?
何この強カード。むしろ狂カード(何)
コストかからず、オーダー一つ強化できるとか。
この系統の他のカードと比べても、「パワーがダンチだ!!」デスよ。
おかしい。
明らかにおかしい。
何でこれだけオーダーなのかと。
ありえなーい。
EXは無視して良いかと。
これは僕の主観デスが、このカードはほとんどコストに切る事が無いので、デッキ(手札)がこのカード分減ったと考えて、構築段階で、EX1枠には2枚で1枚ぐらいの勢いで積んでも良いんじゃないかと。

・EV-0124
限定解除
意外と面白いカード。
強いかと言われると・・・まぁ、それなりに、といった感じでしょうか。
実際にデッキに入れて試してみたんデスが、使う機会が無かった・・・。
使う可能性があるのは、主に瑞希orリナを右か左に、瑠璃を後ろに、ぐらいだろうと思います。
後はマルチが左に出たい時とか、杏入れる人なら、マスが空いてない時に使うぐらいかなぁ、と。
一応1ドローがあるので、決して弱くは無いカードだと思います。

・EV-0125
朝御飯
これは・・・何とも言い難いデスね。
こっちが寝てるキャラが多い程効果が高いカードなので、自分のターンにできるだけアタックとかサポートした上で、相手のアタッカーが揃っている場合にしか使えない。
ならば、同じような能力を持ったキャラのリムリスを投入した方が、確実に効率が良いのでは無いか、と僕は思います。
朝御飯はほとんどカウンターされない。
リムリスは出たらガーダーとして使う事も可能で、能力を防ぐ為には、基本的には除去を使う必要がある。
除去をする為には、最低手札2枚を使う訳だから、それまでガーダーとして機能していたならば、決して損はしていない。
リムリスは中央DFに出せば3人起こせるのだから、大差は無いしネェ。

・EV-0126
感応
いや、強いデスねぇ。
最後の詰めの時にあるとかなり楽になります。
相手も感応を頭に入れてプレイしないと、同じキャラが3回ぐらい起きて(瑞希、琥珀、感応)殴ってくる可能性もあるので、頭を使います。
一人寝るというデメリットはありますが、瑞希や琥珀より手札が1枚多いだけデスし、キャラの能力と違って、相手には見えていないのだから、奇襲にも成り得ます。
その点ではやはり評価はできると思います。
2~4枚積んでも良いんじゃないでしょうか。
4は案外多すぎな気もしますが。

・EV-0127
デート
弱い・・・。
こんなの使ってる場って、弱い場デスよ・・・。
花(単)でこんな弱い場を作ってる時点で勝てない可能性大なので、こんなのに手札2枚使ってる余裕があるならキャラ出した方が良い。
と言うのが結論。

・EV-0128
危ない植物
いや、何かもうネ、特訓見ちゃうとネ、何て弱いのか、と(笑)
まぁ、花単でしか使えない特訓と違って2色デッキでも使えるけど・・・。
SPも-できるけど・・・。
微妙すぎ。


とまぁ、今回の花のイベントは、全体的にはまぁまぁかな、と。
特訓、感応が強いので十分だと思います。
次は花以外のカードデスね。
[PR]
by middogaru | 2005-12-31 09:58 |
 
今レベル7くらい?(最大10)
c0054952_22311837.jpg

さて、どうしたものか。




後はもう等身大フィギュアかリアルドールくらい?…流石に有り得んな(´~`)y-~~
まぁ俺が買うからには1種類で終わるわけもなく
あと2~3種類は買うんじゃないかなぁ。

追記
エロくて記事を削除されちゃったんで修正しました。
いやー、確かに色々見えてるのはよろしくないわ。すまんかった。
[PR]
by middogaru | 2005-12-28 22:34 | しみゆー
 
今日の読書 召喚士マリアな日々 熱湯編
召喚士マリアな日々 熱湯編
北沢 慶 安田 均 / 富士見書房
ISBN : 4829117745
スコア選択: ※※※※



召喚士マリアの短編集です。
面白い北沢と面白くない北沢がいい感じに混ざってます。
書き下ろしが面白かったので星一つおまけです。

絵は相変わらず四季童子、来月にはフルメタルパニックの新刊も出ますしマリア連載の挿絵もありますし、結構多忙なんじゃないですかね。
世界観は既存の六門世界使ってますし、キャラクターの背景は本編で語ってますし、そういう意味では下手な短編よりもシナリオに割く部分が多くなってるので得な感じがするかもしれません。かもしれませんですよ?

北沢さん、今までのシリーズの中でこのシリーズが一番売れてると思うんですが、それでもちゃんと今までのやり方を踏襲して過去キャラを出すあたり評価出来ます。
やり過ぎると老害化して「無責任シリーズ」みたいになっちゃうので良くありませんが。
個人的にはエル・ウィンの短編と同時に出たのはマイナスに作用したかなぁと、これがスレイヤーズの短編と同時発売だったらもっと評価が良かったかもしれません。
[PR]
by middogaru | 2005-12-27 00:37 | 月読
 
リセタイプムーンについて。
まだ花以外のカードを使った事も使われた事も無いので、とりあえず花のみデスが、思った事を。
あ、一応リスト等を見て思った事は他の属性も。

なんと言うか、月強化の弾かと思っていたら、それと同じかそれ以上に花が強化された。
あれだけ強くなったのに、雪日のせいで、結局GPで結果残せなかったから、また強くしたんでしょうかネ。

・CH-0396
ななこ
1コストで1・3・2なのはスペックが高い。
中央AF以外に出れるのは強い。
このキャラを中央AFに出せても絶対出さないだろうし。
更に特殊能力の守護精霊により、このカードの強さが増している。
今まで除去に何の耐性も無かった花が、除去に強くなる。
前環境で、花単は、除去さえ無ければ、雪宙にはまず負けないし、雪日相手にもそこそこに戦えた。
なので、除去に耐性が付く事で、だいぶ強くなったと思います。
入れなくても花はスペック高いので、頑張れるとは思いますが。
手札2枚で、もう1枚がEX1でも場に出るし、花にはEX1の使い道は多いので、EX1でも何のデメリットでも無い。
強いて言うなら、EX1枠を削るってだけデスね。
そして邪魔になったらエスケープもできる。
何気に2属性なのも少し評価できるかも?
EX1でも文句のつけようが無い。
逆に言うと、EX2だったら壊れカード。

・CH-0397
三枝 由紀香
2コストで1・2・3は、特殊能力が強くなければ弱い。
この特殊能力も、はっきり言ってこのみの下位互換にしか見えないかな。
登場位置を気にするまでも無い。

・CH-0398
三澤 羽居
2コスト2・3・3は、基本スペック的には高い方。
特殊能力は、そうだなぁ、ひき逃げの代わりに使えると思う。
宙以外相手には紙に代わるひき逃げと違い、2・2・3の能力なら、場に出ても戦えるから。
実際、今の花(単)なら宙相手でも苦にはならないんじゃないかと。
あまり前に出す機会は無い数値なので、後ろ3つに出れるのは大きいなぁ。

・CH-0399
琥珀
2コスト2・2・2・は普通の能力。
が、タッチはやはり強い。
そして、感応能力は限定条件があるせいで瑞希の下位互換になるとは言え、キャラを起こす能力はやはり強い。
この能力で前配置は凄い。

・CH-0400
翡翠
由紀香と同じく2コスト1・2・3。
でも、由紀香に比べて、能力が段違い。
まず、タッチ。
これは瑠璃の時からその使い易さが証明されていた。
で、サポーター。
1コストかかるけど、SP3のサポーターは、何気にアリエッタより強い。
そして潔癖症。
相手男性キャラに対して無敵。
男性キャラの多い宙に対しては、これ1枚で結構何とかできる時もあるだろう。
後は月も意外に男多いし、今後は日や雪にもたまに見かけるんじゃないだろうか。
中央AF以外に出れるのだが、元々AFに出すキャラックターじゃ無いが、タッチを持っているので、AFに出れるのも大きい。

・CH-0401
瀬尾 晶
由紀香、翡翠と同じく2コスト1・2・3。
未来視は、ドローフェイズのドロー前に、デッキの上4枚を見る事が出来るので、そのターンのドローを操作できる。
4枚から2枚を選べるのは、カードがそのままコストになるこのカードゲームにおいて、かなりの強さだと思う。
特殊能力的には完全に愛佳の上位互換だろう、と。
しかも起動型じゃないので、エポナにもひっかからない。
後ろにしか出れないので、他のキャラ(渚、一本槍、桜、アリエッタ等)との兼ね合いも考えて、出す場所を考える必要はある。
最悪、邪魔になったらエスケープも可。

・CH-0402
弓塚 さつき
EX2で1・2・2の全配置。
最初は、コンバージョンするためだけのカードで、サポート1回したら終わりだと思ってました。
でも、こっちの3・1のアタッカーに対して、相打ちを取ろうとしてくるような宙や日相手だと、このダシュを得るサポートは脅威。
タックス・ウェイクアップ2コストも、相手がキャラを出す手札2枚よりは軽いので、確実にアドバンテージを得る事が可能。
ガードのサポートにはあまり使いたく無いが。
ずっとコンバージョンできない場合も、少し辛いものがあるので、手札に吸血鬼さつきが無い場合は、慎重に、考えて出す必要がある。
できれば、確実にコンバージョンできるように、吸血鬼さつきは4枚積みたい所。
強いんだけど、その分リスクもあるカードデスね。
全配置はコンバージョンの事も含めて考えると、結構大きい。

・CH-0403
弓塚 さつき(吸血鬼)
コンバージョンで、2コスト4・3・0の全配置。
通常のさつきと同じく全配置なので、さつきはどこに居ても良い。
SPが0なのは少し痛いが、さっちんアームの強さを考えると、大したデメリットでも無い。
さっちんアームは、自分の列の相手AFに、相手DFのキャラ1体を移動させてくる能力。
さつきの前が空いていて、相手のDFにキャラが一人でも居れば、登場を防ぐ事が可能。
引っ張ってくるキャラが、彩とかみたいな、非戦闘員であればあるほど、効果は高い。
サイドステップは無かった事に(笑)

・CH-0404
間桐 桜
間違い無く、今回のトップレアの一角。
値段が落ち着いて来れば、一番高くなるんじゃなかろうか。
キャラ人気や絵師人気を無視すれば、の話だけど。
で、3コスト1・2・3って言うのは弱いけど、問題は能力。
まず、母性本能がやばい。
サポートしたら+4+1か、+1+4になるという壊れカード。
しかも、サポーター持ちなので、自分のターンに1回、相手のターンに2回使用可能。
そのサポーターも、デッキ1枚を削るものの、手札を使わずに発動可能なのが気持ち悪い。
中央DFに桜が居れば、端のガードキャラ死なないに等しい。
横にななこが居れば、桜が死なないに等しい。
渚の代わりに入るカード。
かと言って、渚が入らないかどうかは別の話。
桜の前の攻撃は確実に通るけど、吸血さつきのさっちんアームでどうにかできる。
というか、4点までなら通しても問題無い。
中央AFに瑞希がいれば、横は大抵通る(相手が花なら話は別)し、桜のおかげで瑞希もほぼ確実に通る。
与えるダメージは、恐らく1ターン6点は固いデスね。
これでEX2はおかしい。
今回1番の壊れカードの予感。
個人的に、エラッタ確定(?)のカード。

・・・何か、結構長々と書いてたら、花キャラだけで結構長くなった上に、時間も無駄にかかったので、今日はこの辺で。
[PR]
by middogaru | 2005-12-26 22:43 |
 
永パの冬
c0054952_3153014.jpg

もえたんリスニングCD

http://www.moetan.jp/MoetanCM_03.mp3



キャスト





田村ゆかり



「 追記とお詫び:本製品における発音の精度は、受験用途には適しておりません。休憩時のリフレッシュなどにご活用くださいますようお願い申し上げます。また、本件は製作側の企図とディレクションによる結果で、出演者様に責はないことをご報告申し上げます。」






売り逃げか
[PR]
by middogaru | 2005-12-25 03:21 | ぱんだ
 
今日の読書 武官弁護士事務所業務日誌2 ハッピー・エンドレス
ハッピー・エンドレス―エル・ウィン武官弁護士事務所業務日誌〈2〉
鏡 貴也 / 富士見書房
ISBN : 4829117834
スコア選択: ※※※※※



それは、夢のような時間。
夢のように平和な、幸せな時間だった……






だがすべては、終ってしまった。
望みは絶たれた。
希望はかき消えた。
残ったのは、ただ、暗闇だけ。

それはかつての穏やかな日々の思い出。
彼がそれに微笑んで、彼女がそれに、嬉しそうに笑って。
それだけで幸せだと思っていた。
でも、あの日々はもう、帰らない。



それはもう二度と、戻れない旅の始まり。

もう二度と、戻れない物語の始まり。
でも、それでも私はもう二度と、幸せをあきらめたりしないと、この日誌の最後に誓おうと思う。
ミア・ラルカイル


武官弁護士エル・ウィン短編シリーズの最終巻です。
内容は軽いノリの正に短編集です。
ですが、本編を読んでいる人なら絶対にお勧めしたい内容です。
本編十巻とリンクしている「ハッピー・エンドレス」とその後の書き下ろし「夢の残り香」が本編の味を120%に引き出してくれます。
もう完全に降参のベタ誉めで申し訳無いですが、これだけ極と極に振り回されたらぐぅの音も出ません。
幸せを具現したような日常の話が十巻を読んでいると、それだけで日が落ちる直前の煌きようで、燃え尽きる直前の花火のようで、愛しく感じます。
逆に十巻を読んでいないなら、是非とも先に十巻を読んでからこれを読んで欲しいです。
この二冊は鏡貴也という作家の真骨頂が現れた本だと思いますので。

本編で語られた侵食するような絶望の連鎖は、この幸せなシリーズにも染み込んできます。
しかし、次の巻から始まるは十巻で語られた悲劇の終わりをぶち壊す幸せの為の話のようです。

良いですねぇ。私のツボです。
私がこのシリーズが好きな理由は主人公のミアが絶望的に不幸な境遇であるのにそれを全く表に出さない、「不幸自慢」をしないで幸せに向かってわき目も振らずに走りつづけるという姿勢が大好きだからだったりします。
「捻くれ者が何を言ってやがる」と言われるかもしれませんが、これでも一応人並みに美学はもってます。
「不幸自慢」なんてものは人を不幸にしても、そっから幸せになんてなれないと思うのです。
例えば「俺最近仕事が大変で夜2時に帰ってきてるんだよ」とか不幸自慢されても「へー」としか返せません、でも「昨日うちで猫が産まれたんだよ」と言われて「それはいいね、可愛いよね子猫、大好き」とか返せば言ったほうも言われた方も幸せです。
人に不幸自慢するのが悪いとは言いませんが、それはもう限界に達した時、これ以上は外に出さないと駄目だというSOSだと思うのです。人に話してガス抜き出来るならそれでいいとは思いますけど、それはガス抜きにしかなってないってことは自覚してたいな、と。
だからデモンベインのジャバウォック戦でアリスに大十字九朗が怒りを爆発させるシーンはあの作品の中でも最もお気に入りのシーンなのです。
私、ロマンチストですからw

まあ、私もハッピー・エンドは大好きなので、それに向かって頑張って突き進んで欲しい所存であります。
[PR]
by middogaru | 2005-12-24 11:58 | 月読
 
今日。
ネギま!の7巻(初回)が届きました。
キングレコードで全巻一括予約をしていたので、その特典が入っていたのデスが、

Tシャツ2枚入ってました(汗)

イラストはDVD1巻(明日菜)と2巻(のどか)の表紙。
まぁ、一生着る事は無いんじゃないかと(笑)
絵が赤松さんで、2枚あれば可能性はありましたが、1枚しか無い時点で無理ぽ。
まぁ、どうせ着るならメモオフのが良いし(何)
でも、そのメモオフTシャツ(トレカの)も各1枚しか無いので、着れないのデスが。
ま、そのうち何とかもう1枚ずつは入手したいなぁ、と。

とりあえず、今日は時間無いので短めで。

あぁ、後、FFⅣADV買いました。
[PR]
by middogaru | 2005-12-21 22:53 |
 
ポリゴンのぼのぼの
えー、あみあみから↓のようなメールが来ました。

お客様の、今月発送予定のご注文をお調べしたところ、
かなり大きなお荷物になってしまう事が分かりました。

商品の発売日が月末に重なっている為、
下旬発売の商品に合わせて発送を行った場合、
1日の発送件数があまりにも膨大になる事となってしまいます。

結果として、当店の業務に支障が生じてしまう可能性がある為、
お客様の様な、大きなご注文を持っているお客様にご協力を仰がせて頂いております。

月末に発送が極端に集中してしまう事を避ける為、
今月発売予定のお荷物を、
今週末までの時点で入荷している商品と、
未入荷の商品に分割し、入荷済みの商品に関して、
準備が整い次第先に発送を行わせて頂けませんでしょうか。


これを要約すると↓のような意味になります。

お前フィギュア買い杉( ´_ゝ`)

荷物でか過ぎて発送出来ねぇぞ(#゚Д゚)


流石に一月で10体は多過ぎた模様w
そして今の部屋はこんなん↓

c0054952_2044128.jpg
c0054952_205180.jpg
c0054952_2051066.jpg
c0054952_2051871.jpg

折角エリカの水着リザ画面なのに㌧㌦ね_| ̄|〇
ガンダムが好き?じゃあ1/144デンドロビウムは持ってて当然だろう( ´_ゝ`)y-~~
抱き枕?甘い甘い。漢なら版画に100万注ぎ込め( ゚Д゚)
フィギュアなぞお遊びに過ぎん。最早時代はドールへ達している!( ゚∀゚)

…もうダメだなこりゃw
[PR]
by middogaru | 2005-12-20 20:11 | しみゆー
 
最近のRPGって

微妙なんだね
ソフトの買取拒否なんてあるんだね

そろそろソニータイマーでPS2が逝きそうなので売った後のなのだが

新年早々購入予定、これでPS 6台目か 2台はバラしたしな


堀井(良ゲー)と日野(糞ゲー)の見分け方

ドラゴンクエスト                     ローグギャラクシー
ユーザーの為に面倒は切り捨てるのが堀井    面倒でライトユーザー切り捨てるのが日野
想像力に任せボイスを入れないのが堀井     上戸彩のお任せボイスを入れちゃうのが日野
DQはクリア後の隠しダンジョンがご褒美      ローグはクリア後の隠しダンジョンのご褒美が水着
ダンジョンをどんどん進めたくなるのがDQ   8時間以上かかるダンジョンに進める気がなくなるのがローグ
DQはガルナの塔で悟りの書を入手         ローグはグラディウスタワーで悟りを開く
いろんな作品のお手本になるのが堀井       いろんな作品をお手本にしちゃうのが日野
鍵を見つけるといろんなとこに行きたくなるのがDQ   鍵を見つけないと進めないのがローグ
大人になって思い出話で盛り上がれるのが堀井    大人になって欲しいのが日野
DQといえば鳥山明                   ローグといえば即売り飽きた
リメイクで話題を呼ぶのが堀井作品         リストラで話題になるのが日野作品
海賊ネタで失敗したと思い次で反省を活かした堀井  海賊ネタで失敗したと思っていない日野
DQ8には全米が沸いたが               ローグギャラクシーには全米が泣いた
騙し騙しメタルキングとやるのがDQ         子供騙しのムシキングがあるのがローグ
主人公が奴隷にされるのがDQ5           プレイヤーが奴隷みたいなのがローグ
DQ8は天国へ登るような演出が涙モノ        ローグは監獄でハマるような演出が涙モノ
誰でも絶対クリアまでさせようとするのが堀井    誰にも絶対クリアさせまいとするかの日野
合成が待ち遠しいDQ8                 合成しないとガチで苦しいローグ
DQやってると馴れてきてピピピと連打        ローグやってるとダレてきてコピペ連呼
DQはお店で爆売れで品切れになっちゃう    ローグはお店も「バカ、売れ!」とブチギレになっちゃう
僕らを勇者にさせてくれた堀井            僕らをYouはShock!にさせてくれた日野


c0054952_4343567.jpg



↑来年2月のしみゆ部屋の 予定 ガンプラとかあるし
[PR]
by middogaru | 2005-12-20 04:40 | ぱんだ
 
ヤンデレ それは萌えのダークサイド
以下はてなより転載
いわゆる「ハーレム世界」を扱うアニメやゲームにおいて、キャラクターを記号化する属性の一つ。

普段は優等生を装うもしくは実際に優秀であり、主人公に惚れている(デレ)が、ストーリーの進行に従って明らかになる何らかの事情*1により、精神的に病ん(ヤン)でしまう女性、もしくはその状態を指す。具体的には、主人公や対抗するヒロインに対して物理的行動を起こすなどが挙げられる。

キャラクターの持つ背景設定が感情的な行動として強く表現され、そこが魅力となる。



ゲーム作品「銀色」における佐々井夕奈
ゲーム作品「SchoolDays」における桂言葉
アニメ作品「SHUFFLE!」における芙蓉楓 (ゲーム版とアニメ版では展開が異なる)
マンガ作品「かってに改蔵」における名取羽美
このヒロインは「黒姫」「黒(ヒロイン名)」等と呼ばれ、特に「精神的に病んでいく」展開を指して「黒化」「黒姫化」「黒(ヒロイン名)化」等と表される。

2005年の夏頃から使われていたが、アニメ作品「SHUFFLE!」の19~20話において、幼馴染み同居ヒロイン「芙蓉楓」が精神的に壊れていく演出が行われたことにより広まりを見せた。しかしながら、この芙蓉楓は主人公に好意(もしくは精神的依存)を持ってはいたが「デレ」と呼ばれるようなベタ惚れ状態という演出は無かったことから、ヤンデレという名前にそぐわないのではないかという主張も存在する。

元来は病んでいるがごとく、デレデレした状態でPCの画面に向かい、日々を過ごしている人間*を指していたという説や、「ややツンデレ」の略である場合もある。まだ意味が不確定な用語であり、使い方については注意が必要だろう。


萌えの記号化については以前語ったような気がするので割愛。
ついに「地雷娘」も記号化されました、これで上手い事爆発的に増加すれば世界はわし色になります、ビバヤンデレ。
(;゚∀゚) 病ンデルー!

ついでにmixiよりキャラクター転載
桂 言葉(School Days)
西園寺 世界(School Days)
穂村 愛美(君が望む永遠)
涼宮 遙(君が望む永遠)
速瀬 水月(君が望む永遠)
佐々井 夕奈(銀色)
水瀬 伊月(水夏)
芙蓉 楓(SHUFFLE!)
奈都塚 梓居(あいし~きゅ~)
鷺沢 縁(Memories Off~それから)
間桐 桜(Fate/stay night)
芳乃 さくら(D.C.)
名取 羽美(かってに改蔵)
藤乃 静留(舞-HiME)
宗像 詩帆(舞-HiME)
天河 朔夜(舞-HiME 運命の系統樹)
佐藤 良美(つよきす)
桐原 冬子(CROSS†CHANNEL)
竜宮 レナ(ひぐらしのなく頃に)
園崎 詩音(ひぐらしのなく頃に)
北条 沙都子(ひぐらしのなく頃に)
遠野 秋葉(月姫)
伊勢 きりこ(腐り姫)
簸川 樹里(腐り姫)


さて、ツンデレが一般化したことにより「温いツンデレ」が増えすぎて(または多様化の様相を呈して)飽き飽きしたという方もおられるだろう。
ヤンデレも一般化することで温いのが増えるのでは?という危惧もあるでしょう。

その辺、私はあまりヤンデレには心配していなかったり。
なぜなら…ツンデレと違い、ヤンデレは「力こそパワー」と言わんばかりに病んでれば病んでるほど質が高いと判断される素敵属性。
なんちゃってヤンデレなんて出ようものならヤンデレスキーは目もくれないのです。
また、流行に乗ったなんちゃってヤンデレスキーなるものが産まれたとしても「いやぁ、あの詩音のぐけけけを聞いた時にはもうおにんにんがおっきおっきで大変だった」などという頭のねじが残り一本くらいの正気度の低い会話されても引くだけだと思われるのです。

凄いぞヤンデレ、頑張れヤンデレ、今迄何か虐げられてきた我々の望む永遠はもう直ぐそこにある気がする。
我々ヤンデレスキーは、ここにツンデレからの独立を宣言する!
[PR]
by middogaru | 2005-12-18 08:32 | 月読


カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク