暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
<   2005年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧
 
ワイルドアームズ4の設定資料集
ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター 公式設定資料集
エンタテインメント書籍編集部 / ソフトバンク パブリッシング
ISBN : 4797331224
スコア選択: ※※



ワイルドアームズ4の公式設定資料集を買ったのですよ。
内容としては……薄い……
うーん、基本的に表に出ている資料と大差が無いかなぁ。
キャラクターの設定、世界観の設定それぞれ少ないです。
で、文中を読み取るに元々この程度しか設定がされていなかった模様……
cord:Fの時はかなり濃い内容だったのに……

この本だけの内容で価値があるのは、ほんの少しだけ書かれているそれぞれのその後、それと結構長めのドラマCD。
まずこれ以外見るところが無いなぁと、これで2500円はちょっとぼったくりかもしれない。
せめて各キャラクターのヴォイス一覧(Exファイルキーで見れるアレ)をつけてくれるとか、ぱっと色々な情報を調べられれば良かったんですが。
まずもってキャラクターの絵を見る目的くらいにしか役に立たない本です。

うーん、やっぱり次の5に期待していいのか不安になる内容です。
次こそ男祭りでお願いしたい。
[PR]
by middogaru | 2005-09-30 23:46 | 月読
 
コンシューマーのADVやったのって凄い久々かも
久々に純粋なADVやりました。デモベ以来かな。
なんか久々に純粋な読み物ゲーがやりたくなって、
前々から興味のあった↓のゲームを買ってきたのですよ。
結構昔のゲームなんですけどね。
値段は近くのお店で税込み1780円。非常にりーずなぶるです。


「 Ever17 -the out of infinity- 」


幻じゃないですが、KIDすげぇって思いました。
個人的なKIDのイメージってあんまり良くないんですが
(メモオフとか続編出しすぎだし、ソフトが発売して1年後ぐらいに再び完全版を作って売るとか商売戦略汚い)
これは純粋に凄いです。やばいです。
ここ最近、「泣きゲー」とか「萌えゲー」とかはいっぱい出回っていますが、
この作品を上回るシナリオの完成度、演出の上手さを備えたゲームってのはほとんどないかも。
少なくとも自分が今までやったことのあるゲームの中では1つもないです。
(まぁ絶対数が少ないからあてにならないですけどね。騒がれてるひぐらしとかもやってないし)
ADVゲームのシステムというか先入観そのものを演出の一部として利用していたり、
全てのシナリオに意味があり、最後にそれらを綺麗に収束させるシナリオの構成力には脱帽。
「泣きゲー」とかにある感動とかはあんまりなかったんだけど、とにかく終わってみて思ったのは「凄い」の一言。


KID特有の謎なギャグに冷めたり、話が長すぎて疲れたり、
いろんな哲学的な現象の説明が難解で頭が痛くなったりする短所はありますが、マジお奨めです。
[PR]
by middogaru | 2005-09-30 21:08 | りおし
 
今日の読書 灼眼のシャナ0
灼眼のシャナ (0)
高橋 弥七郎 / メディアワークス
ISBN : 4840230501
スコア選択: ※※※



短編集でした。
過去の話かな、とは思ってましたがそれは3篇収録されている1編でした。
個人的には5巻から目を見張るような秀逸なストーリーは見かけないこのシリーズ、この短編はなかなか高評価です。
まあ、それ以外の2編はギャグだったので何でも有りで。
テンモクイッコとか妙にツボなのはありましたけれど。

……語ることが尽きました。

ああ、「狩人のフリアグネ」がかなり面白かったです。
かなり気に入っていたキャラクターなので再登場して嬉しいですね、またやって欲しいものです。

さて、残るは10巻なのですが、三重県に戻りましたので溜まっていたパソゲを攻略しなくてはいけません。
という訳で、そちらと並行します。
まずはたっちーのラストスクリプターから。
[PR]
by middogaru | 2005-09-29 22:42 | 月読
 
米DivX, Inc.が5周年を記念して“DivX”のライセンスキーを1日限定で無料配布
米DivX, Inc.が5周年を記念して“DivX”のライセンスキーを1日限定で無料配布

おー、と思うニュースだったので張っておきます。
あと12時間ほどです、欲しい人はお早めに。

やり方は窓の社さんに書いてあるとおりです。
あとはスタート-プログラム-DivX-ライセンスの登録で送られてきたライセンスを入力すればOKです。
[PR]
by middogaru | 2005-09-29 16:48 | 月読
 
今日の読書 灼眼のシャナ9
灼眼のシャナ (9)
高橋 弥七郎 / メディアワークス
ISBN : 4840228817
スコア選択: ※※※



シャナの9巻です。
前の8巻から続いています。
さて、保護者達中心の話ということで、本当に保護者の話です。

あー、なんともいえず相変わらず吉田さんがウザイなぁと。
吉田さんの絡みが無ければ面白いのになー、と思った場面がちらほら。
どーも、灼眼のシャナの世界に吉田さんが浮いてるなぁーという気がしてなりません。

前の巻あたりまでかなり崩れていた気がしていたいとうのいぢさんの絵、更に崩れています…
画集発売時期だって言うのに、この具合はどうなんだろうとか…
[PR]
by middogaru | 2005-09-28 21:26 | 月読
 
今日の読書 灼眼のシャナ8
灼眼のシャナ〈8〉
高橋 弥七郎 / メディアワークス
ISBN : 4840228337
スコア選択: ※※※



さて、8巻。
段々と勢いが弱まってパワー不足になってきている感のある灼眼のシャナシリーズ。
この巻でも巻き返しはならなかったという感じです。

前巻で感じた吉田さんの不自然を、やっとほんの少しだけ吉田さんが理解してくれたのが納得で来た程度です。

うーん、どんでん返しがありません。
起伏が少なすぎるというか、何処に着眼すればいいのか分らなくくらい「良くある展開」です。
この程度のものなら少女漫画でも読めばいくらでも転がってるもので、態々時間を割いて読むものかなー?という辛辣な意見です。

シャナ・吉田・裕二の3人の恋模様よりもマージョリーと愉快な仲間達の方がずっと読み応えがあります。
あとあれです、吉田さんがわがまま過ぎて呆れてしまって必要以上に読み手をクールにしてしまいました、これはいけません。このままただの痛い人になりそうです、吉田さん。

さー、そのまま9巻かなー。
[PR]
by middogaru | 2005-09-27 19:04 | 月読
 
灼眼のシャナ7
灼眼のシャナ (7)
高橋 弥七郎 / メディアワークス
ISBN : 484022725X
スコア選択: ※※



7巻です。
内容的なものも有り、今回は休み休み読んだので4時間ほどかかりました。

さて、今回はちょっと辛口です。
6巻からの続きなので、恋色模様の予報でしたが、そのままバトルと恋と大忙しの七巻。
バトル的には特に見るものも無く、派手だなぁというだけで押す所も引く所も無い、つまらないものだったというのが評価です。
複線かと思っていた部分が殆ど使われなかったというのもマイナスでしたが…
ラブストーリーとしてどうよ?というとこれまた不十分。
吉田さんが、紅世の世界、不自然の世界へと足を踏み出して、日常非日常共にシャナと対等の立場となって立ちはだかることが出来るになった。
というのが重要だったのでしょうが、その吉田さんの心情心理や情景、動機付けがあまりに弱すぎかと。

まず、主人公がこの世の人間ではないと気付いてしまって、そこから逃避するのは分ります、1巻の裕二を見るにも普通の反応でしょう。
しかし、それを乗り越えるのが「シャナが好きになれるなら、なれる理由があるから」という、他人の結論をまず足場にした薄っぺらなものだったことが不自然。
自分で考えることを放棄しているとも見える。
次に裕二が非日常の世界の住人であったことへの葛藤が無さ過ぎる、それをそうと受け入れる、そういうのもいいとは思うのですが、吉田さんは日常世界の標準的な人間で大人しい人、という設定があるのだから取り乱すことの一つも無いと不自然すぎる。
具体的には裕二が1~2巻をかけて、それ以降も悩んでいる問題について大して考えもせずさっさと回答を掴んでいるのが気に食わない。
そして最後に、裕二がトーチであった場合に発生する根本的な問題、その結果をあまりにも考えていない、意図的に忘れているのかと思うほど何も。
不老不死のトーチという存在とただの人間である自分がどのように付き合っていくのか、知りえただけで力があるように勘違いしているけれど、そのことでシャナという自分や大切な人間を守ってくれる力ある存在を揺らしてしまう、その危険性。
そういった論理的に考えて直ぐに考えてしまうはずの考えに至っていないのが物凄い不自然。

劇団の劇で急ごしらえのハリボテが突然出てきたみたいな違和感を、吉田さんからバリバリ感じます。
[PR]
by middogaru | 2005-09-27 04:46 | 月読
 
灼眼のシャナ6
灼眼のシャナ〈6〉
高橋 弥七郎 / メディアワークス
ISBN : 4840226083
スコア選択: ※※※※



6巻。
現行で出ているのが10巻+1なので、この巻で折り返しという感じです。

痛快娯楽アクション、と銘を打っておきながらアクションが全くありません、腹を切って死ぬべきである。
まあ、それはそれとしてストーリーとしては避けては通れない部分を描いた話ですね。
時間が流れる以上、現状が維持することは出来ない、そういう話。

シャナのツンデレっぷりが炸裂すると同時に主人公のどうしようなさが爆裂、ついでに吉田さんの普通っぷりが暴発。
うーん、吉田さん、どうなんだろう…さすが川澄声です、駄目さが漂います、私的に。

マージョリ・ドー関連は相変わらずスカッと爽快一発!って感じでした。
7巻と繋がってる為か、あの剣とか腕とか、今まで「無力な一般人」と大して変わらなかった人たちが戦力となる複線が張られているのが分ります。
それをどうやって使うのか、7巻が非常に楽しみなところで★一つ分おまけであります。
[PR]
by middogaru | 2005-09-26 23:20 | 月読
 
引越しカウントダウン
とりあえず、やっぱり2週目に引っ越すことになりました。

ってワケなんで 10/8 の午前からの予定で引越し!
雨天の場合、翌日に変更ナリ!
一応、HARUKA氏に応援頼んでありますが、ヒマな
人は手伝いヨロ! 飯くらいはご馳走しよう!

>EFZ
とりあえず、3人決定!
以下のキャラは私とゲスト氏が使う可能性大のキャラなので
攻略方を考えるヨロシ!
栞・佐祐理・瑞佳・みさき・澪・Unknown
あと、台風の目にお株を奪われたくないなら七瀬対策も忘れずに!
[PR]
by middogaru | 2005-09-26 19:38 | U1
 
出張前に一言
ディメンション・ゼロのユーザーカンファレンスへ行ってきました。
来場されたのは木谷会長、中村名人のお二人。
内容は充実し過ぎてて今からじゃ書ききれないので、感想だけ。

えー、木谷会長、中村名人、いけっち(その場にはいませんでしたが)は馬鹿です。
だってTCGを「文化」にしよう、なんて本気で考えてるんですよ?
他のメーカーからすりゃTCGなんて売り逃げする為の商品、って考えが大半なのに。
(特にバンダイはその思考が酷い。各種ジャンプ系TCGとかね)
でもそういう夢物語を実現しようとさせる大馬鹿野郎は大好きです。
俺も全力で応援します。

・木谷会長
言っちゃマズい事をさらっと言って社員に睨まれたりとかもしてますが(w
とにかく話が面白かった。飽きさせないってのは重要です。
アクエリやリセでも上記のような理想はあったらしいですが、
如何せんメインターゲットとする層が狭過ぎた。
更に言うなら商品そのものを生み出すカードデザイナーに恵まれてなかった。
ヒゲに関しては暗にこき下ろしてた辺り、やっぱ苦労してんだなぁとか思ったり。
(ここには書けませんが、ブロッコリーが何もしてないわけじゃないんですよ?)
ブロッコリーは国内メーカーとしては最高のサポートをしてくれているので、
この点は安心して良さそうです。

・中村名人
MTGユーザーであったならば最早語るまでもあるまい。ネ申。
プレイヤーとしてはかつてMTGアジアチャンピオンに君臨し、
デザイナーとしては「伝説のかけら」等の良作を作り出し、
更に経営者として遊宝堂を運営されている凄い人です。
TCG製作に必要な視点が全部揃っちゃってます。
この方自身も割と地雷スキーらしいので、
ディメンション・ゼロも「地雷じゃ絶対に勝てない」なんて事にはならなさそうです。
っつーかこの人が話してた事をヒゲに一言一句漏らさず聞かせてやりたいマジで。

・いけっち
儲けられるわけでもないのに次々とカードキングダムを増やしてる変な人(ぉ
経営者なのに視点がユーザー寄りの変な人(ぉぉ
「大きな子供」と言うと聞こえが悪いですが、
TCGを世代問わず楽しめる「文化」にしたい、という意志が明確に伝わってきます。
だから金にもならないのにあれだけ一所懸命になれるんですね。
この辺は実際に会えばその確信がより強まります。
多分アンチの人達は実際に会った事が無いから好き勝手言えるんでしょうねぇ。
売名行為?宣伝?大いに結構です。
失礼ではありますが、いけっちの腹がどうあろうと俺は知りません。
良いTCG業界を作る。これを目的としてくれているだけで十分です。

で、件のディメンション・ゼロですが…。
えーと、どうやって勝つのこれ?(;´Д`)
何かどんなデッキでも勝てそうですし負けそうです。
どうやっても勝てそうですし負けそうです。
ストラクチャーデッキだけで遊んだので未知数な部分も多々有りますが、
この方向性を維持しつつカードプールを増やす事が出来たなら、
あらゆる選択肢で勝ちの見えてくる凄いゲームになりますよコレは。
ルールもそんなに難しいもんじゃないです。
他のTCGをプレイした事のある人ならルールブック(何か薄いし)を一回読むだけで理解出来ます。
TCGを全く知らない人も、知ってる人に教えて貰えばすぐ理解出来ると思います。
ピンチになるほどコストが使えるシステムなんで大型系が有利かと思いきや、
フィールドシステム、プランシステムのおかげで速攻系も強い。
コントロール系はまだ見えてませんが、製品版で組めるようになるでしょう。
この時点でこれだけ楽しめるんですから、こりゃ否が応にも期待が高まります。
製品版が出ると壊れカードが出てバランスが破掟する?
お前ら「中村聡」「遊宝堂」でぐぐれ。話はそれからだ。

んじゃ二週間ほど出張してきます(・∀・)ノシ
[PR]
by middogaru | 2005-09-26 07:36 | しみゆー


カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク