暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
メディアワークの新企画……今度は19人
いきなり姉妹が19人も現れる電撃G’s magazineの企画「BabyPrincess」

かつて電撃G's magazineでは読者参加企画としてスタートして読者の圧倒的な支持を集め、アニメやゲームに進出した「シスター・プリンセス」や、同じような展開をした「HAPPY★LESSON」といった作品がありましたが、このたびまたとんでもないオリジナル企画が登場しました。それが「BabyPrincess(ベイビー・プリンセス)」です。特徴はなんといってもヒロインが19名もいること。公式サイトを見てもまずその数に圧倒されます。

詳細は以下。


BabyPrincess




皆様、新年明けましておめでとうございます。
去年はさんざんな年でしたが、今年こそは良いことがありますように……
という祈りを込めて、今年最初の記事であります。

いきなり姉妹が19人!
というわけで、各所で話題騒然となっているBabyPrincessの話題を取り上げてみようと思います。

シスプリ以後、ハピレス、フタコイと微妙に震わなかったG'sの新企画、今度は19人。
増やせば良いってもんじゃないって意見もありますが、私はこいういうの大好きですよ

折角のネタ企画ですので、本格始動する前に、私なりに各キャラクターについて考察をば、以下にしてみます。
キャラクター一覧はこちらにありますので、別窓で開きつつ確認して下さい。

1.長女「海晴」
みはる、と読むらしいですが最初「晴海」と読みました。両親はコミケが晴海開催になったからこの名前にしたんでしょうか……。
長女、というだけあってお姉さんキャラ、リーダータイプ、お色気担当。
逆に言えば特徴はそれだけ、声優次第で人気が大きく変動しそうですが……まあ、多分「普通」。

2.次女「霙」
みぞれ。ベイビープリンセス19人の刺客が一人、第一の不思議さん。
千影コンパチ系にして、リアルで精神的にやばいものを持っていそうな人。
しかし、このベイビープリンセスには同系統の不思議子さんや不思議ちゃんがいるため、キャラクターを立たせられなければ空気候補筆頭。
この歳でこの言動は既に武器と言えなくもないですが……

3.三女「春風」
はるか。見た瞬間の第一印象は「リアル田村ゆかり」。よく目をこらして観察してみたら「新谷良子の服着てる田村ゆかり」。
脳が暖かそうな娘さん。しかし、それ以外はどうってことなく、19人の強豪ひしめくベイビープリンセスで生き残れるかは未知数……。
と思われがちですが、多分さっさと闇系キャラクターとして地位を確立して教祖に祭り上げられそうな人、筆頭。
頭の緩さ、痛々しい感じのビジュアル、およそ個性的とは言えない特徴。
しかし、それを補って有り余るほどの黒化の素質を秘めている娘さん。私の中での呼び名は閣下にて決定。
この子は刺すよ、絶対。
嫁候補。

4.四女「ヒカル」
なぜか名前がカタカナ。強気系クール系。時勢に乗ったキャラクター。
この企画の中でも多分当初から有力キャラクターとして計画されて作られたと思われる一人。
が、面白みのないキャラクターでもあるので、声優次第では空気化の危険有り。

5.五女「蛍」
ほたる。ビジュアルがどうにもぱっとしない。名前と併せて「なんで直ぐ死んでしまうん?」と言われて速攻で空気化しそうな娘さん。
頭が緩そうだけど三女ほどではなく、趣味的な意味の分からなさは九女ほどではなく……
唯一の武器は「ヲタ系」な部分。趣味がコスプレということで、そのあたりの微妙な人間層に生き残りをかける。
それにしても、陵辱系同人誌にお呼ばれする確率が高そうな娘さんである。

6.六女「氷柱」
つらら。俗に言うツンデレである。おまけにツインテール所持者でもある。
性格、ビジュアル、立ち位置、共に申し分なく、キラーキャラクターとして作られたと思われる人。
私が企画者なら普通に有力声優を当てて、この企画の牽引役に据える。
成功が約束されたようなキャラクターであるのだが、それだけに弄る場所もあまりなさそう。
この娘さんも同人誌への出撃率が高そうである。

7.七女「立夏」
りっか。一瞬田村ゆかり系キャラかと思った。ツインテール所持者。
咲耶コンパチ系かと思わせつつ、実は四葉系キャラ。
六女と併せて、この企画の牽引役としての役目を任されていると思われる主人公と同世代のキャラクター。
何ともあざとい気配のする娘さんである。これはユーザーの財布への直接攻撃か……。
六女とセットで同人誌に出ていそうな気がする。

8.八女「小雨」
こさめ。THE空気候補筆頭。
鞠絵コンパチ系で、ビジュアルを更に地味にした娘さん。
明らかに19人の中でも割を食っている。この手のキャラクターの最後の手段である「黒化」も三女がガッチリ抑えている為使えそうにない……
この娘さんは、一体どうすればイインダー。
私の中での名前は地味子さんに決定。

9.九女「麗」
うらら。黒髪ロング、古風アンド和風、ツン系。最強のビジュアルを持つ少女。
しかし、その実体は……鉄道マニアである。
……どの層にアピールしたのかよく分からないけど、多分最強クラスの人気を誇るであろうと思われる娘さん。
声優次第では十分にメインを張れるスペック。
多分全てのジャンルの同人誌に出撃されるであろうお方。 私の中ではSですがね。
嫁候補。

10.十女「星花」
せいか。ここからガクンと年齢が下がる気がする。この先は明確に妹系分類ということなのだろうか。
カンフー大好き娘。スポーツ系ということで衛コンパチかと思ったが……三国志好きだそうである。
というと、やはり兄を呼ぶときは「兄者ぁぁぁぁぁ!」なのだろうか。
衛の最大の武器であった「こんな可愛い子が女の子の筈がない」という層からの支持を受けられそうにないので、キャラ立てに失敗すると悲惨なくらいの空気になる可能性大。

11.十一女「夕凪」
ゆうな。自分のことを魔法使いだと思っているという、何ともアレ微笑ましい娘さんである。
多分なのは系妹キャラ、一昔前ならCCさくら系妹キャラと呼んだに違いない。
正当派な妹キャラという立ち位置もあるので、強豪ひしめくこの世界でも普通にやっていけそう。
でも後一押し欲しい。
Mな兄に踏むようにお願いされる同人誌とか、そういう変なものに顔出ししそうな気配がある。

12.十二女「吹雪」
ふぶき。一瞬邪気眼ガールかと思ったものの、よく見ればむしろ長門系。
やばいくらいに冷たい眼差しにときめいちゃう人も多数いると思われる、ビジュアルにかなり助けられてる人。
不思議さん、不思議子さん、と続く「不思議ちゃん」である。
高IQということで知識豊富→エロ! という流れによって同人誌への出撃回数も多そうである。
嫁候補。

13.十三女「綿雪」
わたゆき。名前だけみると2chの管理人のようであるが、れっきとした妹。
むしろ、余りに貧弱すぎるアピール力を哀れに思ってこの名前にされたんじゃないかとうがってしまうくらい、色々悲惨。
普通に考えれば空気候補筆頭。色々考えても空気の気配……
十一女と組み合わせて、ビデオカメラを片手に持たせれば生き残る希望があるだろうか。
ちなみにここからは幼稚園の部。

14.十四女「真璃」
まり。ビジュアルは、原画家の人の元々の持ち絵。クイーンズブレイドとかの時の延長上。
流石に描き慣れているのか、絵的には非常に安定して高水準。
が、他の部分が余りに他キャラクターと被りすぎている。エマージェンシー!エマージェンシー!空気化の危険有!
おまけに後ろには十五女という、最強の人が控えている。余りに悲惨……
でも、エロ同人での出番は多そう。

15.十五女「観月」
みづき。ベイビープリンセス唯一のアスキーアート出身者。
そして最強の属性と最強のビジュアルを併せ持った、対空対地用超音速ステルス戦闘機のような方であらせられる。
既にキャラクターが立ちまくりなので、放っておいても大人気だと思われるが、声優に釘宮を使えば釘宮病患者がもっと増えるに違いない。
もしもこのままの容姿で、十五女ではなく五女で姉キャラであったならばより高性能だったと思うのだが、そうなると他のキャラ全てが空気化しかねないので、あえて今の形にスペックを落としているのではないだろか。
嫁。

16.十六女「さくら」
さくら。十五女と隣同士なのが運の尽き、名前もビジュアルも記憶に残らない、可哀想な子。
加えて言うなら甘えんぼキャラは、こういった大人数企画ではキャラが立ちにくい。
先輩の亜里亜でさえ、甘えん坊キャラというよりよ「あーりーあー、しーこーしーこーさーれーちゃーったー」のような亜里亜語でキャラクターを確立したと言っても過言ではない。
流石にこのあたりになると出がらしの雰囲気が漂ってくる……。

17.十七女「虹子」
にじこ。2歳、流石にこのあたりからはコミニケーションというものが怪しくなってくる。
というか、そもそも三歳以下に個性を求めるのが間違ってる気がする。
十六からは以下略と言われそうだが、あえて「おませ」系であることに着目したい。
つまり、キャラクターとしてエロ同人誌に出られる最年少キャラクター……の気がする。
やっぱり多分空気。

18.十八女「青空」
そら。一歳児。
やばいやばい、犬も領域。これは犬もゾーン!
コミックL.Oでさえここまでアグレッシブなエリアに踏み込んだものは少ないっていうのに、メディアワークスはそこへ踏み込もうというのだろうか……っ!
でも多分空気。

19.十九女「あさひ」
あさひ、0歳児。
犬も専用。絶対領域の向こう側。
ハイハイしてばぶーとしかしゃべれないのは、既に男女とかあんまり関係ないと思うのだけれど、それでも重要だと思う人は重要だと思うのでしょう。





以上、長々と書いてきましたが、何とか19人全員にコメントを入れてみました。
私の嫁候補は3.9.12.15と見事に3の倍数になってますが、これはメディアワークスに踊らせられてるってことなのでしょうか。
19人という大所帯、キャラクターを立たせるのはかなり大変で、4,5人が空気化するのではないかと思っているのですが、如何でしょうか。

まあ、企画自体には非常に期待しているので、頑張ってほしいものです。
特に十五女。
[PR]
by middogaru | 2008-01-01 07:55 | 月読
<< ミッドガル新年会 C73 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク