暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
ラノベレビュー 灼眼のシャナ 16 いとうのいぢの消失
灼眼のシャナ 16 (16) (電撃文庫 た 14-21)
高橋 弥七郎 / / メディアワークス
ISBN : 4840240612
スコア選択: ※



灼眼のシャナ16巻です。
内容はまあ悪くない出来というか、いつもこんなもんですねという感じ。
いつもどおりなのに何で星一つか?

挿絵およびカラーイラストのいとうのいぢの絵が原画崩壊起こして酷くモッコスってるからです。
さて、何がどうなったのかをここでご説明しましょう。
下に問題の絵をまず見てもらいます。

c0054952_2505434.jpgc0054952_2513472.jpg



アッーーーー!

まず、見ただけで変な絵だってのを感じてもらえれば幸いです。
絵柄が変わったで済ませるには、明らかにおかしい変化のように思えます。

では、次に検証用に、いとうのいぢ原画の最新ゲームの絵をユニゾンシフト様から転載させてもらいます。
http://www.softpal.co.jp/unisonshift/products/project16/main.html


ついでにもう一枚
c0054952_310139.jpg


さて、違いが分かっていただけましたでしょうか。
分からない人は、まず上2枚の絵を見ながら3つ数えて、それが終わってから下2枚を見て3つ数えてください、そしてそれが終わってからもう一度上を見ながら3つ数えてください。

分かっていただけましたか?
それではご一緒に。

c0054952_3123423.jpg


ねーよ


明らかに変な絵ですが、シャナ16巻のカラー絵全てと、中の挿絵数枚がこんな感じでモッコスってます。
一方で表紙絵や終盤の挿絵などはのいぢらしいいつもの絵になっています。

では、なぜこんなことが起こったのか。
いとうのいぢの絵が超進化を遂げたのか、それとも調子が悪かっただけなのか、軽く検証してみたいと思います。

まず、いとうのいぢの絵が進化したのかどうかを確認するために、のいぢ原画最新作(いとうざつおんって言い張ってますが気にせず)のゲームのページを一通りまわってもらいたいと思います。
http://www.softpal.co.jp/unisonshift/products/project16/chara.html
ユニゾンシフト最新作の「アリスぱれーど」のキャラクター立ち絵がそれぞれ見れます。
見てもらえれば分かるとおり、上のようなモッコスってる絵は一枚もありません。
私はゲームの方もやったのですが、本編にもそんな絵はありませんでした。
では、絵を描いた時期よりもゲームの方が先で、上のモッコスがのいぢ最新版の絵という可能性も一応確認してみましょう。
下がいとうのいぢのオフィシャルサイトです。
ベンジャミン
調度トップ絵がシャナの宣伝なので、のいぢ最新の絵が見られます。
ここでもモッコスってる印象は受けません。
更に、同サイト内から最新の絵をもう一枚紹介させてもらいます。

こちらは冬コミ新刊の宣伝イラストです。
大丈夫です、モッコスってません。

以上のことから、いとうのいぢの最新絵がモッコスというのは無さそうです。
それでは、なぜのいぢは上にあるような変なイラストをカラーで載せてしまったのか?
調子が悪かったのか、はたまたそれ以外の理由があったのか、検証してみたいと思います。


まず、上の絵のどこがおかしいのかを分析してみます。
目の位置、頭の長さ、口元の艶、どれもこれもおかしいですが、私が数人の絵描きに見せたところ全員が口を揃えて言ったのが、目のハイライトの位置についてでした。

ハイライトというのは眼の中にある白い光の反射なんかを表す部分のことです。
「目が生きてる」状態なら、普通は入ってるものです。
c0054952_343221.jpg


コレのことです。
手元に何かイラストがあれば、それぞれ見比べてもらえれば分かりますが、このハイライトの位置と言うのは人によって割りと固有のもので、その人の個性が出る部分だったりします。
で、このハイライトの位置がどうしたかと言うと……

このハイライトは、いとうのいぢの描いたイラストのハイライト位置としてはおかしいという訳なのです。
確認して欲しいのですが、上にある最初に載せたイラスト2枚は大ハイライトの位置が左上、小ハイライトが中央左上に一つ、左下に一つです。
これは私が問題にあげている灼眼のシャナ16巻のカラーイラスト全てと一部挿絵に共通して、これら全てがこのようなハイライト位置になっています。

一方、その他のいとうのいぢのイラストを確認すると殆どのハイライトは、控えめな大ハイライトが左下、小ハイライトが左上になっています。
念のため灼眼のシャナの1巻からと、涼宮ハルヒの憂鬱の1巻からのイラストを全て確認してみましたが、いとうのいぢが、自分のイラストの位置を変えたことはありません。
ハイライトの位置は顔の向きや光の位置で多少前後するものですが、こんな大きなハイライトを左上に入れると言うのは、今までのいとうのいぢから考えてありえません。

ついでにあげるなら「うる星やつら」のラムちゃんを描けって言われて
c0054952_3575810.jpg


こんなラムちゃんを描くのいぢが何かに譲歩したとも思えません。


ここまで長々書いてきましたが、ここいらで私の考えた結論を述べますすと。

これ描いた人、別人じゃね?

ってことなのです。
あくまで個人的な感想・見解・考え方です。
真相は中の人しか知らないでしょうし、表に出てくることも無いでしょう。
次の巻は絵がまともに戻っていることを祈りつつ、このレビューの〆とさせてもらいます。
[PR]
by middogaru | 2007-11-21 03:16 | 月読
<< ラノベレビュー 大伝説の勇者の... これで勝ったと思うなよ~!by... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク