暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
「萌え」のカテゴライズ化 ・夜一さんについての一考察
アクエリサークルだけれども、日記なのだから好き勝手絶頂なテキストを書かせてもらうのもいいだろうと思うわけで、誰も見ていないことをいいことに世界の中心で全世界に妄言を発信してみようと思い立った今日この頃。

「萌え」という概念を定義づけることが困難なのは主観的意識の見地の違いから「萌え」というものへの意識が違い、これが萌えの定義であるというものが難しいということであると考えられる。
では「萌え」が形が無く、万人にとって意味の違う百面を持つものとするかは否ではないだろうか。
ここで「○○が萌え」ということを逆説的にとり「○○だから萌え」となる萌えのカテゴライズについて考えてみる。

このカテゴライズされた「萌え」は属性などとも言い換えられるかもしれないが、そのキャラクターを彩らせる為に付随した、萌えを象形化したものである。
「妹」「ツインテール」「ツリ目」「スパッツ」「双子」「アイドル」・・・・・・挙げていけばきりが無いが、これらのように、キャラクターの「萌え」をカテゴライズ化したものは数多い。

全ての情報は「集積」と「分類」という二種類の段階を経へると考えられるが、この萌えにも同じ段階があると考えられる。
集積の段階としてまず先駆けとしての萌えを生み出すキャラクターが生み出される。
そして、そのキャラクターを後を追う形で類似したキャラクターが生み出される。
例として「わし娘」というのを挙げるとするなら、雛型となるキャラクターとしては「うる星やつら」のサクラ、「3×3EYES」のパールバティを挙げる。
自称を「わし」や「わらわ」などの古風口調や老人口調を取り入れることにより、作中の説明無く、「年長者的威厳」や「良識人」「姉性」「リーダーシップ」等のキャラクター性を内包することとなります。
そしてこれらのキャラクター性を付随させることを目的として多くのキャラクターが「わし娘」として登場することとなります、それこそ「デモンベイン」のアルアジフ、「天上天下」の綾等がこれにあたります。

キャラクターの集積の段階においてそのキャラクター達が持つイメージを象形化、それを分類化という一連の流れを「萌え」のカテゴライズ化とする。

こうして、キャラクター達から抽出したイメージが受け手側の共通意識として確立したならば、キャラクターの組み立ては「カテゴライズ化」された「部品」の組み合わせであるという結論になります。
「妹」というものを無垢としたいキャラクターなら付随として「白雉のような知性」や、母性なら「料理上手」、活発なキャラクターならば「スパッツ」・・・・・・
こうしたカテゴライズを上手く利用した作品として「シスタープリンセス」をここで例に出すならば、12の「妹」というカテゴライズを前提に持つキャラクター達に、それぞれ別のカテゴライズ化された萌えを持たせたと考えられる。

では、最初からこのカテゴライズ化されたパーツの集まりがキャラクターであったかというならばこれは否とするのが私の考えです。
最初「Aが好き」という形の嗜好が、「AがA”だったからA"なBが好き」、という形で情報の集積、その後の分類の結果がパーツの集まりのキャラクターと考えられるのです。
情報が拡大、肥大化するものなら、分類化は避けては通れない道であり、カテゴライズ化は至って当然の結果と言えましょう。

では、このカテゴライズ化がキャラクターの平凡な単一化を産むとするかという点に関しては私は否という立場を取ります。
キャラクターのイメージを安易に左右するカテゴライズ化された「萌え」を利用し、拡大や新たな萌えを生むという可能性を示唆したいと思います。
「わし娘」は前例のとおりのイメージを持ちますが、これに「ロリ」を加えたならば「姉性」と「妹性」を同時に持つ面白いキャラクターが生まれますし、純真な妹を拡大化させるならば「妹」という価値とは別に「ドジっ娘」「頭が悪い」「ピアノが得意」等を付随してより強調させることが出来ます。

また、これでもかと多数のカテゴライズ化された萌えを持つキャラクターの例もあります。
ブリーチの「夜一」というキャラクターは考えうる限り「褐色(活動的)」「猫(きまぐれ)」「わしっ娘(年長者)」「忍者(ミステリアス)」「つり目」などを持っています。
このように、性格や特徴を理解する助けとなるのにカテゴライズ化された「萌え」を使うというのは、受け手側を集団意識を利用したとても良い手段だと考えます。

人間の嗜好は欲望に限りが無いように日々拡大していきます。
一年ほど前まで殆ど注目されていなかった無骨な鎧を着た「甲冑娘」も今ではカテゴライズ化された一つの「萌え」となってしまいました。
(これに関しては古くはFEのシーマ様が原典だと考えています。当時女戦士の鎧はビキニアーマーと相場が決まっていました)

将来「イカ耳」や「パンの耳」「演説娘」「軍隊娘」などの萌えが世界を席巻するかもしれません。
[PR]
by middogaru | 2005-02-14 07:29 | 月読
<< (´-`)=3ハフン 今日(むしろ昨日)の戦績 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク