暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
ゲームあれこれ 第二回 幻想水滸伝Ⅱ
第2回という事で、これまた自分の好きなシリーズから。

幻想水滸伝Ⅱ』(PS) 100点

前回、100点をつけられる2つのゲームと挙げたうちの一つ。
まぁ、幻水シリーズとの出会いの作品で、シナリオ、キャラ、BGM、ゲームバランス、ミニゲームと、全てに於いて、シリーズ最高の出来だと思ってます。

最初の出会いは電撃PSの体験版。
中2の時、その体験版をプレイし、続きが気になる~、って事で発売前に予約して、クリスマスプレゼントとして買って貰いました(半分ぐらいは払った)

そして、冬休みに入ったのでやりまくって、だいたい1週間もしないうち(プレイ時間にして40時間…ギリ行ってないぐらい?)にクリア。
初回のプレイ時間としても、文句の無い長さ。
序盤のうちは電撃PSの攻略を見てたりしたけど、途中からは完全に自力。
その為、1週目ではクライブを仲間にできず。

キャラの魅力で言えば、勿論テンガアールが一番好き。
そして、男性キャラにも女性キャラにも魅力たっぷりなキャラが豊富。
男性キャラではジョウイ、フッチ、サスケ、カミュー、シード、ペシュメルガ、ゲオルグ、ゲンシュウ等。
女性キャラでは、シエラ、テレーズ、ジル、エイダ、オウラン、ビッキー、ジーン等。
まぁ、挙げ始めたらキリが無いのでこの辺で止めておきますが(笑)、当時は男性女性関係無く、結構幅広く好きになってたなぁ。

当初、ジョウイが仲間から外れた事に相当ショックを受けてました。
そして、いつか帰ってくるよネ?と常に思い続け、結局最後まで戻ってこなかったとかネ。

1週目の最終メンバーが、

主人公 シエラ ルック
テンガ リィナ カーン

でした。
って、この書き方、リセみたいだな(笑)
ってか、リセの配置が幻水みたいなのか。
3列あって前衛後衛が存在してる時点で。

まぁ、どうしてこういうメンバーになったのか、はっきりとは覚えてないデスが、基本、魔法好きで、好きなキャラとか集めた感じのメンバー。
で、2回目、3回目のプレイも最後はこのメンバーでした(笑)
新しいメンバーで組んで、紋章付けるのとか考えるのが面倒だったし(何)
まぁ、何より愛着のあるメンバーだった、ってのが一番デスが。

で、わかる人にはわかるでしょうが、凄い魔法使いメンバー(笑)
ラスボス戦、苦労して、苦労して、最終的に超(?)攻略法(攻略法か?)を発見。
何と、2ターンで倒せる(笑)
まぁ、その為に何度かリセットしたのデスがネ(何)

凄い武闘派メンバーでも、2ターンは無理でも、4ターンが、同じ手順(?)を踏めば可能でした。

オウラン ロンチャンチャン  ワカバ
主人公    カレン    メイザース

と、まぁ、一人だけ凄い魔法使いが居ますが、気にしない(笑)
主人公とメイザース以外の4人が、ダメージ2倍の紋章装備。
そして、バランスの紋章でバランスを崩さないようにし、オウランには怒りの紋章で常に使えるように。
…と思ったけど、なかなか揃わないのでまだ揃ってないぽ。

ハイ・ヨーの料理対決や、モグラ叩き、カレンのダンス等、色々ミニゲームも楽しめました。
結局クライブ・エルザの最後のイベントは未だに見た事が無いので、いつか見たいなぁ、と思いつつも、積みゲーが溜まってる現状ではまぁ、無理だろうなぁ、と思いつつ…。

このシリーズ、同じ曲や同じ曲のアレンジが使われてたりするけど、やっぱり良いデスね。
まぁ、あれデスよ。
これだけハマれるRPGを作ってくれたKONAMIには凄い感謝デス。
KONAMIは他にもパワプロやQMA、ポプ、MFCとお世話になってるし、好きなゲームメーカーの一つデス。

…と、話が逸れましたネ(汗)
それにしても、トゥルーED(?)は良かったなぁ。
ⅢがどのEDの後なのかはわからないけど。
ⅠのデータコンバートでⅠの主人公とグレミオが仲間になる、って言うのも良かったネ。
Wヒーロー攻撃(だっけ?)とか用意されてるのも◎。

このゲーム、やはりジョウイが敵になった事で、尚面白いシナリオになったと思います。
もしジョウイがずっと主人公達と一緒に居たならば、これほど面白いシナリオにはならなかったんじゃないかな。
ジョウイが敵になり、ジルと結婚し、ブライト王家に入り、そして、本気で主人公達と対立した。
お互い目指す物は同じだった、だけど、その方法に違いがあった。
以前名言特集(?)とかやってた事があって、その時にこのセリフも書いたんだけど、

「その力があれば、全てを守れると思った」

確かに、力があれば守れるかも知れない。
いや、実際に守れるんだと思う。
ただ、それが足りなかった。

はじまりの紋章。
幼馴染で親友である主人公とジョウイ。
その2人がその片割れずつを宿し、対立したのも、運命の悪戯なんだろうな。
幻水シリーズはそういう悲しい出来事が含まれているから、更に好きになれる。
今はⅤが出て丁度1年ぐらいの時期。
Ⅵが出るまではまだまだかかるだろうけど、次を期待せずには居られない。


以上、第2回ゲームあれこれでした。
何か書き足りない気もしなくも無いが…。
それと、文才が無いので上手く伝わらない事も多いでしょうけど、その辺はまぁ、気合で(何)
[PR]
by middogaru | 2007-03-21 21:39 |
<< ふたなりの妹くれよ ちょっと首取れなさいよクマ吉君... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク