暗黒コレット拳だ!!

by middogaru
 
今日の読書 伝説の勇者の伝説9 そして、ろぐごまるに復活
本日、富士見今月の新刊のオビの裏側の方にある、来月の発売予定ラインナップを見て驚愕の事実に気付きました。

11月の予定ラインナップ
刃を砕く復讐者(下) ろぐごまるに
( ・д⊂ヽ゛ゴシゴシ

えぇ!?封仙娘娘追宝録の新刊!?

えー、多分、知らない人が多いと思うので、解説します。
封仙娘娘追宝録というのは、ろぐごまるにさんという作家さんの中華風ファンタジー。
宝具という天界の不思議なアイテムを自分の失敗で地上世界にばら撒いてしまった仙人和穂が、地上に降りて宝具回収を行うというお話です。
かつては富士見ファンタジアの主力商品とも目されていて、下の記事にもある「短編集」も出ていました。
しかし、何故か6年前上巻が出て以来、新刊が出ませんでした。

富士見は割と作家の管理がずさんで、シリーズが途中で止まる作家が多いのです。
6年の歳月の間に、世間の流行りも変わり、「萌え」という単語が台頭し、有名絵師を起用した作品が主力商品となる風潮が生まれ、「東洋系ファンタジー」の座は完全に「気象精霊」に奪われ、もう二度と戻ってこないのではないかと諦めていたのですが……ついに復活です。

長生きはするもんです、今年に入ってから「サーラの冒険」「百星聖戦記」、「封仙娘娘追宝録」と富士見の不良債権が処理されていっています。
ろくごさんのこのシリーズは特に好きだったので(このプログでも1回紹介したような)感涙です。

後は、庄司さんの「宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」
冴木さんの「メルヴィ&カシム」「道士リジィオ」
梶島さんの「真・天地無用」
あたりの不良債権が処理されたなら、富士見の昔の作品を読み直すために既刊を買いに本屋に走っても構いません。

伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様
鏡 貴也 / 富士見書房
ISBN : 4829117680
スコア選択: ※※※



鏡さんの、伝説の勇者の伝説シリーズ9巻です。
ふつーにさらっと9巻とか言っても動じないあたり、時代が変わったなぁと…昔の作家さんに比べて最近の方は筆が早いですね。
まあ、吉岡平も昔は月一の吉岡という異名だった時代がありましたけれど。

話としては、前巻の直後から。
最初持ったときの感想が「薄っ!!」だったとおり、1時間20分で読み終わりました。
早すぎ。
なので、他の巻だと中ごろの展開で次回への引きになってます。
前の展開から次の展開へのインターバルみたいな感じです。
…まあ、普通。

それよりも、あとがきが色々重要なことが。
第一部は11巻までらしいこと、12月に鏡さんの新刊が出ること(エル・ウィンなんだろうか?)、短編イエット共和国の人たちとかが本編にも出てくるらしいこと…
色々と情報が詰まった後書きで充実した感じでした、後書きってのはこういうもんだよなーとか思ったりw
[PR]
by middogaru | 2005-10-24 17:57 | 月読
<< 今日の読書 召喚士マリア(4) 人はパブロフの犬 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

♨TOPページへ戻る♨


>>ファンタジーアースゼロ<<

ミッドガル四日市はブシロードを応援します('A`)ノ
ブシロード



宣伝広告



魅惑のナマアシ
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ

mixi
mixi


相互リンク
アニマライト

QRコード

©ミッドガル四日市
最新のトラックバック
子犬の飼い方評価サイト
from 子犬の飼い方評価サイト
[ベル戦ファンブログリン..
from ベルデセルバ戦記でブログ
とらドラ!
from 最新注目キーワードの情報サー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク